脊柱管狭窄症

  1. 腰痛が持続的に続く
  2. 足や腰が重だるい、痛い、しびれがでる
  3. 長時間歩くと痛みが出る、座ったり前かがみになると痛みが減る
  4. 座って立ち上がるときに腰、足に痛みがでる
  5. 日常生活に支障をきたすほどの足のしびれがある

脊椎管狭窄症とは

脊椎管狭窄症は脊柱管と呼ばれる背骨の中にある通路が狭くなり脊髄や神経に圧力をかける疾患です。この病気は通常年齢とともに進行し神経症状を引き起こすことがあります。脊椎管狭窄症は特に40代から70代の女性によく見られます。

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症は主に以下の要因によって引き起こされます。

➀加齢

年齢とともに脊柱管の組織が変形し狭くなる傾向があります。これにより神経に圧力がかかる可能性が高ります。

②変形性脊椎症

脊椎の変形や骨棘の発生などによって脊柱管を狭める原因となります。

③椎間板ヘルニア

椎間板が脊柱管に突き出し神経を圧迫することがあります。

④けやが外傷

背骨にけがをしたり、外傷を受けたりすることで脊柱管が狭くなる可能性があります。

脊柱管狭窄症の症状

脊椎管狭窄症の症状は個人によって異なりますが、一般的な症状は以下が含まれます。

腰痛:腰部に痛みや不快感を感じることがあります。

坐骨神経痛:坐骨神経が圧迫されるとお尻から足にかけて痛みやしびれが生じることがあります。

足の痺れ:足の感覚が鈍くなり、しばしば痺れを感じることがあります。

歩行困難:長時間歩くことが難しくなり足がだるくなることがあります。

間欠性歩行:歩いていると次第に痛みが、痺れが出てくるが前かがみなると痛みが和らぎまた歩けるようになるなどの間欠性歩行が起こります。

膀胱直腸障害:排尿、排便障害など残尿感が出ることもあります。排尿や排便障害が生じた場合は専門機関に受診することをおすすめいたします。

脊柱管狭窄症の施術

  • 丁寧なカウンセリング

    カウンセリング

    当院は丁寧カウンセリングのもとにしっかりお悩みを改善できるようにしていきます。また脊柱管狭窄症は症状によって専門機関に相談して頂く場合がございますのでご了承下さい。

  • ハイボルト治療

    痛み、痺れが出ているところに対して特殊な電気「ハイボルト」を用いて症状を減らしていきます。さらに症状を減らすだけではなく一時的に姿勢の維持や歩行時に大切な筋肉を一時的に使えるようにして立ち姿勢や歩行が楽にできるようにしていきます。

  • 骨盤矯正とインナーマッスルの検査と強化

    正確な姿勢分析を行い、普段の不良姿勢によって脊柱管が狭くならないようにしっかり土台となる骨盤を整え症状が出にくいお身体をつくっていきます。また身体を支えるインナーマッスルの強化をいしていくことによってさらに正しい姿勢をキープできるようにしていきます。