腱鞘炎

腱鞘炎のイラスト
  1. 手首や指の痛みが持続的に続いている。
  2. 手首や指を動かくと痛みが出る。
  3. 重たいものを持つと痛みが出る。
  4. 特定の動きをすると痛みが悪化する。
  5. 手首や指の動きに制限がある。

腱鞘炎とは?

腱鞘炎は骨と筋肉を繋いでいる筋肉のスジ「腱」と腱を包む「腱鞘」と呼ばれる組織に摩擦が起こることによって炎症が生じる症状のことです。この腱鞘が何らかの原因で炎症を起こし分厚くなることによって腱がスムーズに動くことができす摩擦を起こししまう症状のことを「腱鞘炎」と言います。

妊娠や更年期など女性ホルモンのバランスの変化によって症状がでる方や、日常的に手首を多く使う方は起こりやすと言われています。

腱鞘炎の原因と分類

腱鞘炎の原因は手や手首の過度の使用や年齢、姿勢の問題などがあります。過度の使いすぎに関しては近年デスクワークやスマートフォンの普及が増え腱鞘炎になる方は増えています。また年齢を重ねるとホルモンの影響で腱や腱鞘に柔軟性が失われ症状としてでる方や、痛みは手首や指に出ているが根本はは普段の姿勢の悪さが原因となり痛みが出る方もいらっしゃいます。

腱鞘炎にはいくつは種類が代表的な二つをご紹介いたします。

一つ目は「ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)」です。

ドケルバン病は手首の腱鞘炎の一つです。特徴としてはタオルを絞る、蓋を開ける何か物を掴む動作で親指側の手首に痛みが出るのが特徴になります。

二つ目は「ばね指」です。

ばね指は指の使いすぎによって起こる指の腱鞘炎です症状が進行すると指が伸ばしずらくなったり酷くなると指が曲がったまま戻らなくなります。

腱鞘炎の症状

腱鞘炎の症状は個人差はありますがまずは手首や指の腱鞘周辺に痛みが生じ、特に動かすと痛みが強くなるなどさらに炎症が進むと腫れや発赤が出てきます。日常的にスポーツをやっている方や手首や指を多く使う仕事の方は握る、持つ、曲げるといった動作に制限がかかり動かしずらがでてきます。

ドケルバン病の症状は「物をつかむと痛みが出る」「蓋を開ける際に親指側に痛みがでる」「子供を抱っこするときに痛みが出る」「産後急に痛くなった」などがあります。

ばね指の症状は「朝、指のこわばりがある」「手のひら側の指の付け根を押すと痛みがでる」「曲げた指が戻らない」などがあります。

腱鞘炎の施術

  • 炎症を素早く鎮静化

    腱鞘炎の基本的な治療法は手首、指を休息させることが第一になります。ですが手首、指は日常生活で使わない日はないほど負担をかけてしまいます。その為休息だけでは中々良くならない場合も多々ありますのでその場合はハイボルト(電気治療器)を使って症状を即座に取り除きます。

  • 腱鞘炎はトライアングル施術でアプローチ

    肩こり

    炎症が抑えられたら本当の原因である部分にアプローチします。トライアングル施術という機能・構造・栄養に着目した施術で根本的に施術していきます。
    矯正を行い正しい機能、構造に骨格を戻し、手首、指に負担をかけない身体をつくっていきます。さらに筋肉が硬いとさらに症状が悪化してしまいますので、手技を行い筋肉の緊張を取り除きます。
    ご希望の方にはファスティングで普段の食事を見つめ直す栄養指導も行っております。

  • セルフケア指導

    腱鞘炎は使いすぎによって起こりますのでお家でできる簡単なセルフケアをお伝えし、さらに症状改善を目指していきます。